アーカイブ
  • 2020年10月 (2)
  • 2020年9月 (1)
  • 2019年4月 (1)
  • 2019年2月 (2)
  • 2018年8月 (1)
  • 2018年7月 (1)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (3)
  • 2018年3月 (4)
  • 2018年2月 (2)
  • 2018年1月 (5)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年9月 (4)
  • 2017年8月 (1)
  • 2017年7月 (3)
  • 2017年6月 (5)
  • 2017年5月 (3)
  • 2017年4月 (6)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (3)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年9月 (1)
  • 2016年5月 (1)
  • 2016年4月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年9月 (1)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (1)
  • 2014年4月 (3)
  • 2014年3月 (2)
  • 2014年2月 (4)
  • 2014年1月 (5)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (1)
  • ホーム > ブログ > 印刷について-その2-

    印刷について-その2-

    2014年1月10日タグ:

    2度目のブログ投稿です。担当のMです。
    前回の記事は「色について」書かせていただきましたので、
    今回は「紙について」を少し。

    皆さん、紙には目があることをご存知でしょうか?

    画像2-1

    紙を割くとき、割きやすい方と割きにくい方とがあるのは、
    知っている人も多いはず。
    それが紙目を見分ける方法です!

    画像2-2

    なぜ、この様な差がでるのか、簡単にご説明しますと、
    紙を漉くときに発生する、繊維の流れが関係しています。

    紙の長辺が紙繊維方向と平行な紙を「たて目」、
    また短辺が繊維方向と平行な紙を「よこ目」としています。
    これらは、T(タテ)Y(ヨコ)と記されることがあります。

    画像2-3

    ちなみに、書籍とキャラメルタイプの箱はこんな目の設定なんです。

    画像2-4

    このように紙には「紙目」というものがあり、この流れを理解して
    印刷の手配をしなければポスターがすぐにカールしてしまったり、
    パッケージの角が立たずに丸みを帯びてしまうので注意が必要です。

    印刷物の紙目について、不安な場合は事前に印刷会社に尋ねてみる
    とよいかもしれません。

    PAGE TOP

    Copyright ©2013-2020 SAKAI PRINTING CO., Ltd. All Rights Reserved.